双子の知識

あなたはどのパターンを選ぶ?双子の名づけについて!

双子を授かったということがわかったときにまず一番初めに考えるのが名前ではないでしょうか。
同時に二人分の名前が付けられるということで、色々とこだわりを持たれたり悩まれる人が多いかと思います。そんな双子の名付けについてInstagram でアンケートをとってみました。この記事では、それをご紹介したいと思います。

双子の名付けにはパターンがある

まず、双子以上の名前について、大きく三つのパターンに分けられると感じました。

1、バラバラの名前
2、同じ漢字や音を使っている名前(和也・達也など)
3、関連のある単語を使っている名前(陸・海・空など)

Instagram のストーリーズでこの三つの中でどのパターンに当てはまるのかを回答していただきました。双子ママさん200人に協力をしていただくことができました!その結果がこちらです。

1位 同じ漢字や音を使っている名前  56%
2位 バラバラの名前 32%
3位 関連のある単語を使っている名前 12%

約半数以上の方が同じ漢字や音を使って双子の名前を付けていました。
(ちなみに我が家もこの同じ漢字を使っているパターンです。)

やはり双子ならではの統一感を出したいと思う方が多いのでしょうか。

その他のこだわり名づけ

先ほどの3パターン以外の名付けについてお聞きしたところ、以下のような声もいただきました。

  • 双子でしりとりになっています
  • 同じ字ではないですが同義の漢字をつけています
  • バラバラの名前ですが画数と雰囲気を揃えています
  • 二人につけた漢字を合わせると熟語になります。例)太郎と陽子で「太陽」

同じ漢字や音を使うような分かりやすい統一館まではいかないけれど、
しりとりや雰囲気など隠れたところでこだわりつながりや統一感を出そうとしている工夫が見られました。

 

いかがでしたか?
悩むけれども楽しい双子の名付け。
皆さんはどのようなこだわりでなぜ名づけをされましたか?
またこれから双子をご出産される方名付けの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
あやか
3歳男女双子と1歳女児を育てる理系ワーママ。 双子育児、仕事術、ライフハック、論理思考などを発信します!