出産記録

双子の出産を振り返る①~誘発分娩開始37w1d

双子の出産シリーズです!
一筋縄ではいかない双子の妊娠・出産。これから出産を控える双子妊婦さんの参考になればいいなと体験談を書いています♪

双子の妊娠記録はこちら!→→  妊活不妊治療妊娠超初期症状 、 切迫流産 、胎嚢確認 、転院職場への報告 、性別判明① 、性別判明② 、産休 、切迫早産 、妊娠性痒疹分娩方法を選ぶ

妊娠36週、絶対安静が解かれる

切迫早産のため、点滴をして絶対安静の入院生活をしていましたが、産気づくことなく、無事に36週まで過ごすことが出来ました。

私は、お腹の子供が二人とも頭位だったので自然分娩を希望しました。

病院の方針では、自然分娩を目指すなら、36週以降はいつ陣痛がきて出産になってもいいので、36週で安静が解かれました。
そもそも、子宮口が1cm開いているとのことだったので、点滴外して安静やめたらすぐに陣痛が来るんじゃないか!?
と思って、ドキドキ待っていました。

いつ双子が生まれてもいいように大部屋から個室にも移りました。

でも、なかなか陣痛は来ませんでした。
大きなお腹を抱えて毎日病棟を歩きまわりました(笑)
今まで、産まれないように、動かないようにしていたのに、真逆です(笑)

36週の時点で、赤ちゃんの推定体重は
2684g と 2488g で、合計約5kg!!

よく破裂しないな~と我ながら感心していました。

そして、陣痛が来ないまま37週になってしまいました。

妊娠37週、誘発分娩開始

まさか正期産までもつとは思ってなかったのでびっくりでした。
37週になったら誘発分娩にすると決めていたので、37w1dからLDR(陣痛分娩室)に移って、誘発分娩を開始しました。

誘発文面開始前のお腹!

初めての出産なので、めちゃくちゃ緊張…
たまひよの出産特集などを読み漁り、脳内シミュレーションは万端です。
LDRにはある程度私物が持ち込めたので、最低限の身の回りのもののほかにウォークマンとアロマオイルを持参しました。
大好きな曲をありったけ詰め込んだウォークマンと、大好きなラベンダーのアロマは私の精神安定剤でした。

ここからは時系列にそって書いていきます。

8:30
朝ごはんを病室で食べ終えてからLDRに移動。
分娩用の院内着に着替える。
看護師さんが病院提供のお産グッズを持ってきてくれて一緒に確認する。

9:00
夫の休みが取れたので、付き添いに来てくれる。
点滴用の針を刺す。
赤ちゃんの心拍とお腹の張り具合をみるためにNSTの装置をつける。

9:30
内診。子宮口は1cm開いている状態。いよいよ誘発のための薬を飲む。
誘発剤は内服薬で、5錠を一時間おきに飲むように指示がありました。
なんて薬かは忘れましたが、結構強めの薬だったみたいです。

10:30ごろ
2回目の薬を飲んだくらいで、お腹が痛くなってくる。でもまだ耐えられるレベル。重い生理痛くらい。NSTの反応もいまいちでした。

11:30ごろ
依然、お腹は痛いけど、まだ耐えられる。
陣痛のイメージとはちょっと違うかな?
先生が内診に来てくれたけど、子宮口は2cmしか開いていませんでした。

12:00
なかなか陣痛がつかないので、昼ごはん。
私は病院食。夫は病院の売店で買ったおにぎりを食べる。

13:00
ご飯も終わり、追加で薬を飲むも、まだそこまでお腹は痛くない。
内診に先生が来てくれたけど、赤ちゃんはまったく降りてきてなくて
「まだまだかかりそう」とのことでした。

14:00
最後の薬を飲んで様子をみるも、一向に陣痛っぽい痛みも兆候もみられない。

15:00
薬を飲んでいたときには感じていた腹痛がだんだん弱くなってきてしましました…

16:00
これ以上粘っても、陣痛が来なさそうなので、今日は一旦終わりにすることにしました。

薬が合わなかった可能性があるので、明日は違う薬(点滴薬)を使って誘発をすることになりました。LDRを一旦引き上げて病室に戻りました。正直、誘発かけたらすぐ生まれると思っていたのでしょんぼりしちゃいました。

夫にも休みとってもらったのに。。。残念です。でも、赤ちゃんのタイミングもあるもんね…

というわけで、気を取り直して次の日頑張ることになりました!

続きます。

前の記事:双子の妊娠を振り返る⑬~自然分娩か帝王切開か
次の記事:

ABOUT ME
あやか
4歳男女双子と1歳女児を育てる理系ワーママ。 双子育児、仕事術、ライフハック、論理思考などを発信します!