育児お役立ち

離乳食にベビーフードをあげることについて

ベビーフードに抵抗や罪悪感がある。
結構こういう方いらっしゃるんじゃないでしょうか?


添加物が気になるとか、
ベビーフードしか食べなくなると困るとか、
やっぱり手作りじゃないと愛情が伝わらない!とか。

最終的にはそれぞれの考え方があると思いますが、私はベビーフード賛成派です。
やっぱり負担が全然違いますしね!

双子が寝ている間に手作りするのは限界があります。


それに、いくら頑張っても、新米ママは離乳食に関してはまったくの素人です。
でも、ベビーフードは、ずーっと離乳食を研究しているプロが作ってくれてるんですよ!
食べやすさも、栄養も、体への影響も、プロがちゃんと考えて作っています。
なので私はありがたく使わせてもらってました!

添加物に関しては、厳しい乳児用食品加工基準に適合したものであれば問題ないです。
問題あるものが市販されているわけはありません。

あとは、ベビーフードしか食べなくなると困ると思っている方もいるかもしれません。
でもベビーフード以前にずっとなにも食べてくれない方が困ると思いませんか?

離乳食は食べる練習です。
練習なのに、そもそも土俵にすら立たなかったとしたら勿体ないと思いませんか?
もし、お子さんが食べなくて困っている場合などは、一度試してみるのも手ですよ。

日本では、離乳食は手作りするものというイメージですが、
欧米では、市販のベビーフードを食べさせるのが一般的だそうです。
逆に作り置きの手作り離乳食は衛生面の観点から敬遠されるのだそうです。
文化や場所が変わると、全然違うんですね!

もし、毎日の離乳食づくりがしんどかったり、子供が食べなくて困っている方、ベビーフードも選択肢に入れて、少しでも負担を減らすことを考えてみてくださいね!

ABOUT ME
あやか
4歳男女双子と1歳女児を育てる理系ワーママ。 双子育児、仕事術、ライフハック、論理思考などを発信します!