1歳双子育児

寝かしつけ奮闘記~入眠儀式を作ってスムーズに寝かせる方法

頑張らない育児を目指している私ですが、離乳食と寝かしつけは育児の2大ストレスです。これさえなければもっと楽しく子育てできるのにな…なんて思ってしまいます^^;

でも、食べることも眠ることも、人間が育つには大事な要素。やらないわけにはいきませんね。。

0歳のときは、授乳をすればある程度寝かしつけはスムーズに出来ていたのですが、1歳になって断乳をしてから、寝かしつけが難しくなってしまいました。

そこで、入眠儀式を作って眠る環境を作ることで、スムーズに寝かしつけができるように試行錯誤しました。

この記事では、いろいろな入眠儀式について紹介します。

入眠儀式とは?

寝る前に必ずやるイベントのことです。

「これをやったらもう寝る時間」ということを脳にインプットし、決まった時間に寝るようにしつける方法です。子供に入眠儀式を覚えてもらえると、自分から布団に入ってくれたり、寝入りがスムーズになり、寝かしつけが楽になるというメリットがあります♪

入眠儀式のイベントは、基本的にはなんでもOKですが、寝る前にするものなので、なるべく刺激の少ないイベントがいいですね。

我が家で試した入眠儀式6つ

1.自分で電気やテレビを消す

「電気さんねんねだよー」「テレビさんねんねだよー」
と言って、自分たちで消灯してもらいます。
自分でスイッチを切ると、「寝なきゃ!」という気持ちにはなるらしく、そのあとはスムーズに布団にはいってくれました。

ただし、双子の難点として、どっちが電気を消すかで喧嘩になりやすいです。
あらかじめどっちの子が何のスイッチを切るか、選んでもらうなりして決めておくといいですよ。

2.「おやすみなさい」ツアーをする

家の中にあるおもちゃやペット、家電、他の家族(パパや同居している祖父母など)に「おやすみなさい」と言って回る入眠儀式です。

寝かしつけの本に書いてあったものです。
「おやすみなさい」と実際にいうことで寝る気分を高めてくれるのだと思います。

我が家の双子さんは、これで「おやすみなさい」が言えるようにはなりましたが、寝つきが良くなったかどうかは謎でした。

3.絵本を読む

寝る前のイベントとしてもメジャーなものですね!
2~3冊好きな本を読んでから布団に入るというものです。ママ友の間でもこれをやっている人が多かった印象です。

我が家でも試してみました!
しかし、絵本を読むと逆にテンションが上がってしまい、あれもこれも読んで欲しい!と遊びモードになってしまいました。
子供によっては難しいですね。

絵本とは少し違いますが、最近は「おやすみロジャー」という、子供が寝てくれる読み聞かせ本も出ていますね。双子が幼稚園くらいの歳になったら試してみたいと思います。

4.子守歌を歌う

布団の中で子守歌を歌います。
眠くなるような静かなトーンで歌いましょう。

しかし、歌も大好きなうちの双子は、子守歌でもテンションアップ。一緒に歌い始めてしまいました…。

5.布団のなかでお話しをする

布団の中で、今日の出来事を振り返ってお話ししたり、
「むかーしむかし…」と、童話などをお話しします。

絵も歌もないのが良かったのでしょうか。比較的我が家の双子には効果があり、布団の中で静かにお話を聞いてくれました。テンションが上がって眠れなくなることはなかったです。

6.入眠アイテムを持って布団に入る

一緒に寝ると眠れるアイテムがあると、寝かしつけが楽になる印象です。
お気に入りのぬいぐるみ、毛布、タオルなど、その子の好きな入眠アイテムをさがしてみるのもいいと思います。

我が家の双子の場合、息子は「クマの毛布」で娘は「ママ」だそうです。

入眠儀式を上手に使って寝かしつけをスムーズに!

いかがでしたか?
我が家で試した入眠儀式を紹介しました。
子供によって相性はあると思います。
ぜひ、お子さんに合う入眠儀式を見つけてみてくださいね。これで寝かしつけが少しでも楽になりますように!

ABOUT ME
あやか
3歳男女双子と0歳女児を育てる理系ワーママ。 双子育児、仕事術、ライフハック、論理思考などを発信します!